No.12:効果的な復習方法

復習方法を工夫して勉強効果アップ

社会保険労務士試験の勉強は順調に進んでいますか?
今回は復習方法について紹介したいと思います。

 

記憶のメカニズムって気にした事ありますか?
わたしもこの前本を読んではじめて色々知りました。

 

復習方法にちょっとこだわってみると記憶力もアップできるかも。

 

ということで、社労士試験にも役立つ復習のメカニズムのお話です。

 

復習というのはついつい先延ばしにしてしまいがちです。

 

人の記憶というのは、なにも復習しない場合、
勉強を開始して 短時間上昇したあとに急速に下降していきます。

 

1時間の学習のあと24時間のうちに情報の80%が失われてしまいます。

 

この莫大な記憶の減少を抑えるために復習が必要なのです。

 

復習を適切に行えば、学習直後の高い記憶水準を維持することができます。

 

1番復習に適した時間というのは、 記憶が落ち始める直前に復習するのが効果的です。

 

具体的にいうと、1回目の復習は10分後に10分間行います。
これによって1日は記憶が保たれます。

 

そして1日後に2回目の復習を行います。
これは2分から4分くらいでよいです、見るだけでも脳はインプットしてくれます。

 

記憶はその後1週間ほど維持されます。

 

ここでまた2分間復習をして、 さらに1ヶ月後にもう一度復習すれば完璧です。

 

ここまでやれば、あとは刺激を与えるだけで記憶を保持できることになります。

 

ただ復習を効率にするためにはノートのとり方やテキストへの書き込みを工夫する必要があります。
復習を効率的に行うために、マインドマップというテクニックがあります。
一つのテクニックですが、非常に簡単なのでぜひ活用してください。

 

スポンサードリンク


関連ページ

No.0:独学で合格を目指す方は必見!
社会保険労務士に短期間で合格するための独学勉強法とは
No.1:社会保険労務士試験の受験資格を確認
まずは受験資格をチェック
No.2:勉強に対する意識を改革
地味だけど重要なモチベーション対策
No.3:独学か通信講座か通学か?
どうやって勉強していくか決めよう
No.4:勉強計画をたてる
何ヶ月で合格を目指すか決めよう
No.5:社労士試験に必要な教材
勉強を始めるにあたって必要なもの
No.6:社労士試験のテキストはどんなのがいい?
テキストは先生
No.7:定番の社労士試験テキストを紹介
人気のテキストまとめ
No.8:法改正点は要チェック!
独学でも法改正情報は入手できます
No.9:同じテキストを繰り返し読む
効率のよい勉強法
No.10:テキストを2冊使う方法
同じテキストを2冊使うテクニック
No.11:独学時の疑問点を解決する方法
勉強のはじめ方から科目別のポイントまで順をおって解説!勉強につかえるサイトや参考書もコメントをつけながら解説していきます。