社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の代表的な仕事

近年、「年金改革・年金問題」のおかげで社会保険労務士の知名度が一気に上昇しましたよね。
しかし、社会保険労務士の仕事は世間にはあまり知られていないと思います。

 

「年金相談などのコンサル」をやっているんでしょ?

 

と思う方もいるかもしれません。

 

わたしの経験から感じたことは、コンサルや年金相談よりも、
社会保険労務士の仕事で中心とされているのは、

 

社会保険・労働保険の加入手続き」や

 

厚生年金保険の月額算定基礎届け

 

月額変更届け

 

などの事務手続きの代行が多いような気がします。

 

なぜなら年金の相談や手続きの相談は、市の社会保険事務所に
聞いても教えてくれるからです。

 

まだまだ個人が直接、社労士に相談することってまずないですよねぇ。

 

社会保障の制度はどんどん複雑になってきているので、
国民の関心も社会保障に向いているので「年金セミナー」を開いたり。

 

コンサルタントとして雇う中小企業も増えているのかもしれません。

 

このように社会保険労務士の仕事は、「人事労務管理」「年金相談」「社会保険手続き」
などの社会保障の専門としてお金をもらっていきます。

 

ちなみに社会保険労務士の仕事は「社会保険労務士法」の第1条、
第2条で定められています。
引用してもわかりにくいので、原文を確認したい方は検索してみてくださいな。

 

簡単にまとめると以下が社労士の業務です。

 

・労働社会保険諸法令に基づいた行政機関に提出する書類作成
・上記の提出代行手続き
・労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
・コンサルタント業

 

社会保険料の納付をはじめとする各種手続きは、
社会保険労務士に外注せず総務や経理が行っている会社も多いと思います。

 

このような手続きの手間を社会保険労務士に外注してコスト削減を図ったりします。

 

行政書士と違い、会社と顧問契約をして、
月々報酬をもらう社会保険労務士さんが多いというのも特徴です。

 

社労士の収入の柱は顧問契約によるコンサルタント報酬になると思います。
やっぱり収入を増やすには顧問企業を増やすことが第一ですね。

 

あっ、安定収入を狙うなら資格学校の講師という手もあり?

 

スポンサードリンク


関連ページ

社労士について簡単なまとめ
社会保険労務士資格試験について簡単に解説
社会保険労務士とは
まとめのページでも解説しましたが、社会保険労務士についてもう少し詳しく解説しておきます。
人事労務管理コンサルはどんな仕事
社会保険労務士の人事労務管理コンサル
社会保険労務士の年収は?食べていけるの?
みんな気になる年収事情
社会保険労務士の魅力
なにが魅力的?
社会保険労務士の役割
社労士は企業・国民の【架け橋】