社会保険労務士で食べていける?

社労士って稼げるの?

「本当に社会保険労務士になって食べていけるんですか?」
「社会保険労務士の年収は?儲かりますか?」

 

この質問は非常に多いです。
社労士試験関連の掲示板には必ず書き込まれます。

 

でも、この質問ってどこか違和感ありませんか?

 

社会保険労務士試験に合格して条件を満たせば、
誰にでも社労士ってなれますよね。

 

この質問は、

 

「ラーメン屋って本当に食べていけるんですか?」
「カフェを開いて稼げるんですか?」

 

という質問と同じですよね。

 

実際に行列のできるラーメン屋はありますし、
スターバックスなんかはカフェで大成功してますよね。
年収だって人それぞれ違います。

 

でも社労士になった、みんながみんな稼げるなんて、
そんな美味しい話があるわけないじゃないですか!

 

資格学校の宣伝や広告などで独立して稼げる資格として
社会保険労務士が紹介されている事がありますが、
あれは大げさに煽っているだけです。

 

資格はただの免許でしかありません。

 

社会保険労務士に限らないのですが、
士業と呼ばれる資格「行政書士」「中小企業診断士」など、
いずれも稼ぐのが難しいです。

 

超難関資格である「税理士」だって、開業して稼げる保障はありません。

 

士業の世界は飽和市場です。

 

「社会保険労務士って稼げるの?」「社会保険労務士って食べていけるの?」という質問。
社会保険労務士の資格を取得してもお金はもらえません。

 

開業後の営業力信頼の大きさでお客さんが集まってくるのです。

 

この質問に対しての答えは「わかりません」というしか答えられません。
稼ぐ人もいれば稼げない人もいます。

 

独立して稼ぎたいから社会保険労務士を受験しよう思っている人は、
もう一度よく考えてみてください。

 

人の役に立ててお金がもらえる資格であることは間違いありません。

 

努力しだいでは年収数千万の可能性もあります。

 

社会保険労務士は顧問契約をして営業しているのが一般的なので、
ある程度顧客と契約を結ぶことができたら安定して収入が入ってくる部分は魅力的です。

 

とりあえず社会保険労務士業務で短期間に稼ぐのは至難の業です。

 

ただしこれは独立して稼ごうとした場合です。

 

社会保険労務士は勤務社会保険労務士という形もあります。

 

これは また次回解説します。

 

スポンサードリンク


関連ページ

社労士について簡単なまとめ
社会保険労務士資格試験について簡単に解説
社会保険労務士とは
まとめのページでも解説しましたが、社会保険労務士についてもう少し詳しく解説しておきます。
人事労務管理コンサルはどんな仕事
社会保険労務士の人事労務管理コンサル
社会保険労務士の仕事
社会保険労務士ってどんな仕事してるの?
社会保険労務士の魅力
なにが魅力的?
社会保険労務士の役割
社労士は企業・国民の【架け橋】