社会保険労務士の役割

社労士の役割は多岐にわたります

社会保険労務士は社会保険関係の手続代行、書類作成、相談受付などの複雑な分野の専門家であり、その知識をもって企業・国民の【架け橋】となる事が役割です。士業のほとんどは専門分野の「架け橋」としての役割ももっています。

 

社会保険関係とは、労働基準法、厚生年金法、雇用保険法、労災保険法などの保険の事をいいます。
具体的な例としては以下の通りです。

 

・ 国民年金法、厚生年金保険法…老齢・障害・死亡による経済困窮からの生活保障
・ 労働基準法…劣悪な労働条件からの保護
・労働安全衛生法…労働災害の防止
・ 労働者災害補償保険法…労災発生後の労働者の援護
・ 雇用保険法…失業の防止と生活保障
・ 健康保険法…健康障害からの生活保障

 

それらを元に各保険の手続き書類の申請。出産・傷病・休業などの手当金の請求、保険の給付金の請求、労務管理などの業務から定年後の年金相談などもしてくれます。

 

社会保障に関する法律は毎年改正され、社会保険事務所、ハローワーク、労働基準監督署などの機関がその分野を担当しています。ですが、実際私達素人には仕組みがさっぱり分かりません。円滑に社会保障のシステムを実行していくために仲介役が必要だと国は考えるわけです。その仲介役というのが社会保険労務士なんですね。

 

先ほど紹介した業務以外にも面倒な保険・年金の毎月の給付額算定や申告額の誤りによる様々なトラブルを顧客の代わりに処理するのも社会保険労務士の仕事です。 就業規則の作成なども主な社労士業務の一つですね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

社労士について簡単なまとめ
社会保険労務士資格試験について簡単に解説
社会保険労務士とは
まとめのページでも解説しましたが、社会保険労務士についてもう少し詳しく解説しておきます。
人事労務管理コンサルはどんな仕事
社会保険労務士の人事労務管理コンサル
社会保険労務士の仕事
社会保険労務士ってどんな仕事してるの?
社会保険労務士の年収は?食べていけるの?
みんな気になる年収事情
社会保険労務士の魅力
なにが魅力的?