人事労務管理コンサルはどんな仕事

快適な労働環境作りには規則も必要

人事労務管理のプロである社会保険労務士。
ところで、人事労務管理ってなぜ必要なのでしょうか?

 

ビジネスの3要素とは、「ヒト(人)・モノ(物)・カネ(金)」のことです。
そしてこれらは企業の資源でもあります。
この3要素が成り立たないと企業は経営していけません。

 

人事労務というのはこのヒト(人)に関わってきます。

 

企業が人を雇い、活動していくためには規則が必要です。

 

就業時間、賃金制度、福利厚生など、もしも決まりがなければ
労働者は安心して仕事をすることができないでしょう。

 

企業にとって人材は重要な部分を占めるため、トラブルを防ぐためにも
労働条件等をハッキリと決めておく必要があります。

 

企業と労働者との間で守るべき規則の理解が食い違いは
トラブルの原因となってしまいます。
労働時間や賃金、服務規程はハッキリと定めておく必要があります。

 

就業規則がある事で、企業と労働者のトラブルを防ぎ働きやすい職場づくりへと繋がります。
実は就業規則の作成は労働基準法でも定められていて

 

「常時10人以上の労働者を使用する事業場では必ず就業規則を作成しなければなりません。」

 

また就業規則には記載しなければならない事項など作り方のルールが決まっています。

 

このルールを熟知しているのが社会保険労務士。

 

それぞれの企業の業種や環境によって適した労働体制というのは異なります。
労働者の年齢や性別、人数なども企業毎で違います。

 

もちろん社会保険労務士は、単純にルールに沿って
就業規則や賃金制度を作れば良いというわけではなく、
企業の実態を細かく分析し、人事労務コンサルティングを行います。

 

この人事労務管理の仕事は企業が活動していくには
「 切っても切り離せない問題」なので、需要の高い分野です。

 

社会保険労務士にとって最もウェイトの大きい仕事といえます。

 

スポンサードリンク


関連ページ

社労士について簡単なまとめ
社会保険労務士資格試験について簡単に解説
社会保険労務士とは
まとめのページでも解説しましたが、社会保険労務士についてもう少し詳しく解説しておきます。
社会保険労務士の仕事
社会保険労務士ってどんな仕事してるの?
社会保険労務士の年収は?食べていけるの?
みんな気になる年収事情
社会保険労務士の魅力
なにが魅力的?
社会保険労務士の役割
社労士は企業・国民の【架け橋】