資格の活用方法

社会保険労務士試験に見事合格し、社労士となる資格を手に入れたあなたがどうするか。
ここでは、社会保険労務士資格の使い方を解説していこうと思います。

 

社労士になるには、試験に合格しただけではまだ開業できません。
独立するには色々と手順があるのデス。

 

また、開業だけでなく企業への就職に資格を活かす方法もあります。
社会保険は社員、パート関係なく加入条件をみたす場合は、
会社側は社会保険の手続きをしなければなりません。

 

そういう時に社員に社労士がいればスムーズに手続きが進むので、
会社の中では重要な存在となります。

 

従業員から見たら総務のポジションですね。

 

独立にも使え、就職にも使える社労士!
では、いってみましょう!

資格の活用方法記事一覧

社会保険労務士試験に合格したらどうする?

社会保険労務士試験に合格したらどうしたいのか?社労士資格を取得してやりたい事があるから試験勉強をするわけなのですが、資格を取得する一般的な理由は以下のものがあります。@ 就職、転職に活用A 事業の範囲を広げるためB 自分の教養のためC 資格を取るのが趣味D 独立するためE ダブルライセンス人それぞれ...

≫続きを読む

勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士

社会保険労務士試験に合格し、全国社会保険労務士会連合会に登録したうえで会社に勤めている社労士は「勤務社会保険労務士」と呼ばれます。会社に勤めずに事務所をもち独立するのが「開業社会保険労務士」です。社会保険労務士は人事労務、社会保険の法律に関しての知識を豊富に所有しています。そのため、人事や総務という...

≫続きを読む

社会保険労務士資格の登録方法

まずは2年以上の実務経験が必要社会保険労務士試験に合格しただけでは、社労士にはなれません。社会保険労務士となるには、全国社会保険労務士会連合会へ登録する必要があります。しかも登録をするにも条件があって、人事総務や労働組合などで2年以上の実務経験がなければいけません。「2年も実務経験をつけるために就職...

≫続きを読む

相性のよい資格について

社会保険労務士は独占業務がありますが、勉強の経験をいかしてさらに資格をとるのも一つの方法です。ということで社労士との相性の良さそうな、資格の組み合わせをいくつか紹介しておきます。ダブルライセンスならば独立する場合も、営業できる範囲が広がるので、収益が増える可能性が広がります。その相性のよい資格として...

≫続きを読む

社労士は女性向きの資格

社会保険労務士に限らず、税理士、行政書士などの士業は、女性向きだと個人的には思っています。一般的に女性社長よりも男性社長の方が信頼される場合がありますが、代表が女性だというだけでなめられることもよくあります。しかし士業の顧客は主に中小企業です。その多くは 個人事業者であり、 法人であったとしても夫婦...

≫続きを読む