勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士

会社に勤務と開業社労士。

社会保険労務士試験に合格し、全国社会保険労務士会連合会に登録したうえで
会社に勤めている社労士は「勤務社会保険労務士」と呼ばれます。

 

会社に勤めずに事務所をもち独立するのが「開業社会保険労務士」です。

 

社会保険労務士は人事労務、社会保険の法律に関しての知識を豊富に所有しています。
そのため、人事や総務という部署での需要があります。

 

社会保険に関する手続きをするのはもちろん、
人事労務で問題が起こった場合の 就業規則の見直しや、
役員報酬を決める場合も、年金との兼ね合いから一番得をするような提案。

 

社員の退職後の年金を含めたライフプランの相談など活躍の場ははかり 知れません。

 

資格手当てを出してくれる企業ならば大体
3万〜5万円」程度をつけてくれる企業を見かけます。

 

資格手当てを出すほど優遇してくれる企業は少ないですが、
銀行などの金融系」や規模の大きい「会計事務所」「経営コンサル会社」は、
優遇しくれる場合があるのでチェックしておきましょう。

 

しかし、中小企業や個人経営の企業の場合は、社労士資格はほとんど評価されません。
資格よりも実務経験をどれだけもっているかが重要です。

 

会社に社労士がいることで労働基準監督署からの評価は高まりますが、
そこまで気にする企業はまだ少ないのかもしれないですね。

 

試験合格者の統計をみると、勤務社会保険労務士になる人は、
既に企業の総務部で働いていて、 働きながら社労士試験合格を目指す人が多いのかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク


関連ページ

社会保険労務士試験に合格したらどうする?
就職、開業、自己啓発?
社会保険労務士資格の登録方法
試験に合格しただけでは社労士を名乗れない
相性のよい資格について
社労士と合わせてもつと効果的な資格
社労士は女性向きの資格
女性におすすめの資格