社会保険労務士資格の登録方法

社労士の登録手順

まずは2年以上の実務経験が必要

社会保険労務士試験に合格しただけでは、社労士にはなれません。

 

社会保険労務士となるには、全国社会保険労務士会連合会へ登録する必要があります。

 

しかも登録をするにも条件があって、
人事総務や労働組合などで2年以上の実務経験がなければいけません。

 

2年も実務経験をつけるために就職するのは面倒・・

 

そういう方は、社会保険労務士会連合会が主催する
労働・社会保険所法令関係事務指定講習を受ければよいのです。

 

労働社会保険諸法令関係事務指定講習とは、 社会保険労務士として登録するのに
必要な資格を付与するためのものであり、

 

実務経験(2年)のない社会保険労務士試験合格者は、
この講習を終了して「2年以上の実務経験」と 同等以上の経験を有するものと認められ、
社会保険労務士としての登録を受ける事ができます。

 

講習にかかる費用は「7万円
通信指導「4ヶ月」と面接指導「4日間」を完了させて修了です。

 

社会保険労務士会へ申請しよう

社会保険労務士を名乗るには、
各都道府県の社会保険労務士会へ登録の申請をしなければなりません。

 

申請後、連合会から登録証票が届いたら、
やっとあなたも社会保険労務士を名乗ることができるようになります。

 

※ 登録に必要な書類は各都道府県の社会保険労務士会ごとに多少異なるようなので、
自分が所属する労務士会へ確認してください。

 

登録費用は全てで15万円程度はかかります。
これも社会保険労務士会ごとに差があります。

 

スポンサードリンク


関連ページ

社会保険労務士試験に合格したらどうする?
就職、開業、自己啓発?
勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士
社労士として生計を立てる2つの形
相性のよい資格について
社労士と合わせてもつと効果的な資格
社労士は女性向きの資格
女性におすすめの資格