初心者のための社会保険入門

初心者のための社会保険入門記事一覧

突然解雇はできません。

「解雇予告制度」により解雇予告期間(30日)が必要会社側が従業員を解雇をするには遅くても解雇の日の30日前までに従業員に通知する義務があります。なので「お前!今日でクビだ!!」って言われても、解雇することはできないんですね。即日解雇するには30日分の賃金を支払わなければならないのです。従業員は「解雇...

≫続きを読む

年末調整で税金を返してもらえ!(年末調整とは?)

従業員の給料からは毎月源泉徴収所得税が引かれています。この金額は概算で、ほとんどの場合は多めに天引きされています。会社側が毎月の金額は計算しています。年末調整というのは、1月〜12月の1年間の税金を確定する手続きです。つまり、確定申告と同じ意味のものです。会社が年末調整をしてくれるおかげで、従業員が...

≫続きを読む

年末調整で税金を返してもらえ!(書類はしっかり記入しよう)

年末調整で使用している書類●源泉徴収簿●扶養控除等(異動)申告書●保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書●住宅借入金特別控除申告書 実はこれらの書類を作成して年末調整は行われています。サラリーマンは年末になると上記の赤文字の書類を渡されますよね?源泉徴収簿は給与がわかる会社側で記入できますが、この2...

≫続きを読む

副業が会社にバレないようにするには?

住民税で副業がバレます。サラリーマンの給料からは毎月住民税が天引きされていると思います。このような会社側が従業員から住民税を徴収して代わりに納める方法を特別徴収といいます。住民税は前年の総所得金額で決定します。なので、前年副業収入があり確定申告をしている人は、住民税が上がってしまいます。会社側は「あ...

≫続きを読む

奥さんのパート代は103万円以内

妻のパート代が103万円を超えると、税金がかかる!ということは聞いたことがあると思いますが、なぜ103万円なのか?っていうのは知らない人も多いと思います。もしも103万円の給料が入った場合、全てに課税されたとしたら、税率が10%だったとしても10万円も税金を納めなければなりません。しかし、実際は10...

≫続きを読む

社会保険の種類

社会保険は全部で5種類あります。@厚生年金保険、国民年金保険老後の給付A健康保険、国民健康保険病気、けがに対する給付B介護保険老年者の介護に対する給付C労災保険仕事中のけがに対する給付D雇用保険 失業中に給付細かくわけると、@ABが社会保険で、CDは労働保険と呼ばれます。

≫続きを読む

退職日は要チェック(資格喪失日とは?)

社会保険は加入、脱退のことを資格取得、資格喪失という呼び方をします。健康保険料、厚生年金保険料は資格喪失日の月の前月分までを支払わなければなりません。そして、資格喪失日というのは、退職日の翌日になります。つまり、月末で退職した場合は、資格喪失日が月をまたぐことになるので、1日の違いで1ヶ月分追加で社...

≫続きを読む

必ず加入する国民年金

公的年金には3種類あります。「国民年金」「厚生年金」「共済組合」このうち、国民年金だけは20歳以上の人は必ず加入する義務があります。社会保険事務所の現状をニュースで見て、払いたくないという人も沢山いると思いますが、義務なので払わなければならないのです。国がよい対策を打ち出さないかぎりは、個人で収入を...

≫続きを読む

年金は請求しないともらえません

年金を受給できる権利を得ても、何も言わなかったら国はお金をくれません。受給できる権利が発生しても、国から手続き用の書類を送ってきてくれないんです。年金の催促はバシバシ送ってくるのに、逆は自己申請しなければならないという・・・そういう制度だからしかたないですね。受給権が発生してから5年以内に手続きをし...

≫続きを読む

失業給付の受給手続きについて

受給要件を確認@離職の日以前1年間に通算して、被保険者期間が6ヶ月以上あるか?A受給資格者が就職できる能力があり、就職する意思をもっていること失業給付を受けられない場合 ・病気やけがのため、すぐには就職できないとき・妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき・定年などで退職して、しばらく休養し...

≫続きを読む