副業が会社にバレないようにするには?

副業

住民税で副業がバレます。

サラリーマンの給料からは毎月住民税が天引きされていると思います。

 

このような会社側が従業員から住民税を徴収して代わりに納める方法を特別徴収といいます。

 

住民税は前年の総所得金額で決定します。なので、前年副業収入があり確定申告をしている人は、住民税が上がってしまいます。会社側は「あれ?こいつ給料はみんなと同じなのに、住民税が高いぞ!?もしや他に収入があるな!!」とバレる可能性があります。

 

これを回避する方法は、確定申告をする時に住民税徴収方法の選択の箇所で、
普通徴収に丸をつける必要があります。

 

普通徴収にすれば、給料分のみが会社に請求され、副業分は個人に請求がくるので、
会社に発覚される可能性が減ります。

 

住民税を普通徴収にすることで、バレにくくはなりますが、なにかのきっかけでバレるかもしれません。副業が発覚した場合は退職という就業規則があるならば、最悪の場合を想定してやりましょう。

 

それが困る場合はやめときましょうね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

突然解雇はできません。
突然の解雇
年末調整で税金を返してもらえ!(年末調整とは?)
年末調整で税金を返してもらえ!
年末調整で税金を返してもらえ!(書類はしっかり記入しよう)
返してもらうお金は請求だ。
奥さんのパート代は103万円以内
なぜ103万円なのか?
社会保険の種類
法人は社会保険加入が義務なんですよ
退職日は要チェック(資格喪失日とは?)
月末退職は健康保険料と厚生年金保険料が一月ずれます。
必ず加入する国民年金
国民年金の加入は国民の義務なんですねえ。
年金は請求しないともらえません
年金を払え払え言うくせに、こっちから請求しないと給付してくれないとは・・・
失業給付の受給手続きについて
失業手当、もらえるものならもらいたいですよね。