年金は請求しないともらえません

年金を請求

年金を受給できる権利を得ても、何も言わなかったら国はお金をくれません

 

受給できる権利が発生しても、国から手続き用の書類を送ってきてくれないんです。
年金の催促はバシバシ送ってくるのに、逆は自己申請しなければならないという・・・
そういう制度だからしかたないですね。

 

受給権が発生してから5年以内に手続きをしないと、時効となり受給されなくなってしまいます。

 

受給権が発生したら、まず社会保険事務所へ行って「裁定請求書」をもらいましょう。

 

老齢年金の場合は「国民年金・厚生年金保険・老齢給付裁定請求書」を記入して請求することになります。

 

その他必要な添付書類もあります。職歴の記入等も必要なので、事前に社会保険事務所で確認する必要もあるでしょう。

 

受給権が発生したら国から自動で手続き書類が送られてくるようになってほしいものです。
早く請求すれば早く受給されるので、面倒でも手続きを行いましょう。

 

スポンサードリンク


関連ページ

突然解雇はできません。
突然の解雇
年末調整で税金を返してもらえ!(年末調整とは?)
年末調整で税金を返してもらえ!
年末調整で税金を返してもらえ!(書類はしっかり記入しよう)
返してもらうお金は請求だ。
副業が会社にバレないようにするには?
副業をこっそり始めたい人へ
奥さんのパート代は103万円以内
なぜ103万円なのか?
社会保険の種類
法人は社会保険加入が義務なんですよ
退職日は要チェック(資格喪失日とは?)
月末退職は健康保険料と厚生年金保険料が一月ずれます。
必ず加入する国民年金
国民年金の加入は国民の義務なんですねえ。
失業給付の受給手続きについて
失業手当、もらえるものならもらいたいですよね。