年末調整で税金を返してもらえ!(書類はしっかり記入しよう)

年末調整

年末調整で使用している書類

●源泉徴収簿
扶養控除等(異動)申告書
保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書
●住宅借入金特別控除申告書

 

実はこれらの書類を作成して年末調整は行われています。

 

サラリーマンは年末になると上記の赤文字の書類を渡されますよね?

 

源泉徴収簿は給与がわかる会社側で記入できますが、この2種類の書類は本人でなければわかりません。なので本人が記入しそれを信じて会社側が各従業員の所得税を確定します。

 

つまり、渡された書類の記入により税金の支払額が変わってしまうんです。面倒くさがって空白だらけで提出すれば払わなくてもよい税金を払うことになりかねません。

 

以下サラリーマンのための年末調整のポイント

@扶養者はしっかり記入しましょう。
A生命保険等の控除証明は年末調整のために保管しておきましょう。
↑保険料は所得控除の対象になります。
B配偶者の所得は概算で記入しないように!
↑税務署は配偶者の実際の所得と照らし合わせてきます。もしも配偶者の給料を少なく記入して提出し、後で発覚した場合は延滞税という税金を払うことになります。最近の税務署はしっかり絞りとってきます。

 

サラリーマンも税金の仕組みを知り、無駄な税金を払わないようにしましょうね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

突然解雇はできません。
突然の解雇
年末調整で税金を返してもらえ!(年末調整とは?)
年末調整で税金を返してもらえ!
副業が会社にバレないようにするには?
副業をこっそり始めたい人へ
奥さんのパート代は103万円以内
なぜ103万円なのか?
社会保険の種類
法人は社会保険加入が義務なんですよ
退職日は要チェック(資格喪失日とは?)
月末退職は健康保険料と厚生年金保険料が一月ずれます。
必ず加入する国民年金
国民年金の加入は国民の義務なんですねえ。
年金は請求しないともらえません
年金を払え払え言うくせに、こっちから請求しないと給付してくれないとは・・・
失業給付の受給手続きについて
失業手当、もらえるものならもらいたいですよね。