退職日は要チェック(資格喪失日とは?)

資格喪失日

社会保険は加入、脱退のことを資格取得、資格喪失という呼び方をします。

 

健康保険料、厚生年金保険料は資格喪失日の月の前月分までを支払わなければなりません。
そして、資格喪失日というのは、退職日の翌日になります。

 

つまり、月末で退職した場合は、資格喪失日が月をまたぐことになるので、
1日の違いで1ヶ月分追加で社会保険の納付が必要になってしまうのです。

 

月末の1日前で退職したことにすれば、月をまたぐことがなくなります。

 

従業員も会社側にとっては、退職日が月末1日前がお得になります。

 

従業員側は、退職後、国民健康保険に加入した場合は、退職月分も国保で納めることになります。 ただし、退職後すぐに扶養に入った場合は、退職月から国保の負担はなくなります。
(↑メールでご指摘をくださったので訂正・追加しました。大変ありがとうございます。)

 

スポンサードリンク


関連ページ

突然解雇はできません。
突然の解雇
年末調整で税金を返してもらえ!(年末調整とは?)
年末調整で税金を返してもらえ!
年末調整で税金を返してもらえ!(書類はしっかり記入しよう)
返してもらうお金は請求だ。
副業が会社にバレないようにするには?
副業をこっそり始めたい人へ
奥さんのパート代は103万円以内
なぜ103万円なのか?
社会保険の種類
法人は社会保険加入が義務なんですよ
必ず加入する国民年金
国民年金の加入は国民の義務なんですねえ。
年金は請求しないともらえません
年金を払え払え言うくせに、こっちから請求しないと給付してくれないとは・・・
失業給付の受給手続きについて
失業手当、もらえるものならもらいたいですよね。